注目の使える英語力指導法 CLIL は「英語で学ぶ」

【Interview】狩野晶子先生(上智大学短期大学部英語科准教授)

学校英語はムダ!話せるようにならないじゃないか――こうした批判をよく耳にする。そんな汚名を挽回すべく、英語教育の世界ではいま、新たに「使える」英語力養成を目指した「CLIL(クリル)」と呼ばれる教育法が脚光を浴びている。

  • 公開 :
ハーバード大学

世界トップクラスの名門として知られるアメリカのハーバード大学

学校英語はムダ!話せるようにならないじゃないか――こうした批判をよく耳にする。そんな汚名を挽回すべく、英語教育の世界ではいま、新たに「使える」英語力養成を目指した「CLIL(クリル)」と呼ばれる教育法が脚光を浴びている。

ハーバードやイエールを目指し始めた名門高校

東大合格者数ナンバーワンを誇る開成高校から今年、ハーバード、イエール、プリンストンといった海外大学の合格者が20名も出たことが話題になった。上智大学短期大学部英語科准教授で、上智大学公開講座「小学校英語教育入門」をコーディネートする狩野晶子先生はこう語る。

「海外の大学を視野に入れている中高一貫校などの場合、中学受験に英語を課す動きも出てくるはずです。その場合、文法理解より重視されるのは、おそらく臆せずコミュニケーションする力。自分で考え、わからないことは質問したり仲間と相談したりできる、総合的な言語力を測ることになるでしょう」

それこそ CLIL が目指すものだ。CLIL とは、科学や歴史といった各教科を母語以外の言語で学ぶ教育法で、正確には「内容言語統合型学習(Content and Language Integrated Learning)」と呼ばれる。EUの言語政策の一部として、ヨーロッパで1990年代半ばに提唱され、現在では欧州各国で取り入れられている。

科目内容Content)と語学力Communication)を同時に獲得し、さらには、批判的・論理的な思考力Cognition)、協同学習Community)も重視されている。この「4つのC」をバランスよく育成するのが CLIL の特徴だ。

理工学部で、洋書の化学の入門書を使った授業

日本の大学で CLIL の最先端を走っているのが上智大学だ。初めて CLILプログラムが開講された2010年度は、定員を大幅に上回る受講希望者が殺到。2014年度からは正式に1年生の必須科目に組み込まれた。

例えば理工学部では、洋書の化学や生物の入門書を使った授業が行われている。教員は英語教育ではなく化学や生物の専門家だ。必ずしもネイティブの教員である必要はない。特に理工系の分野では、以前から英語が世界共通語。英語の論文を読み書きする機会が多く、留学経験があるような教員揃いだ。このようなカリキュラムの中、英語の授業は CLIL のアプローチに根ざして行われている。

狩野先生は、「私は英語にはもちろん強いほうですが、化学や生物のテキストを見せられてもチンプンカンプン。深い内容は教えられません。各分野の専門の先生方に担っていただき、その分野の英語と、英語自体の学びを結び付けていくことに、 CLIL の意味があります」。

1 2

-教育・子ども, 教養その他, 英語・語学, 講座レポート
-, , , , ,

関連記事