「自動運転の開発の現状と課題について」

同志社大学
今出川校地(室町キャンパス)
永井正夫

-IT・科学, 無料講座, 講義詳細
-, , ,

講義詳細

講義詳細
講座名
「自動運転の開発の現状と課題について」
大学
同志社大学
キャンパス
今出川校地(室町キャンパス)
概要
【ITECセミナー】
自動運転車の実現に向けた研究開発や公道実験が盛んにおこなわれている背景には、①交通事故大幅削減、②渋滞緩和、③環境負荷低減、④高齢者の移動支援、⑤労働力不足への対応、⑥新たなビジネスチャンスの創出、と言った課題解決や社会変革をもたらす期待がある。自動運転車の進化については、「官民ITS構想・ロードマップ」や、 戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)の研究開発「自動走行システム」等により、国家的な取り組みがなされている。一方、運転者のみならず社会としてどのように受け止めていくべきかについてはまだ十分な議論がない。例えば事故時の責任問題、非自動運転車との混在下での車両間や歩車間のコミュニケーションなど、検討すべき課題も多い。さらに、将来的に完全自動化が進んでいくとして、そのゴールをどのように描くか、またそれに向けた体制をどうするか、という課題についての議論もまだまだこれからである。本講演では、自動運転開発の現状と様々な課題について触れたい。
【主催】同志社大学 技術・企業・国際競争力研究センター(ITEC)
会員価格
一般価格
講座期間
2018/2/16~2018/2/16
開講時間
15:00~16:30
曜日
講座回数
1回
定員
講師名
永井正夫
講師概要
日本自動車研究所 代表理事・研究所長 同志社大学 客員教授
住所
京都市上京区今出川通烏丸東入
アクセス
地下鉄烏丸線「今出川」駅から徒歩1分、京阪電車「出町柳」駅から徒歩20分、バス停「烏丸今出川」から徒歩3分
申込

日時の変更もありますので、開講情報は必ずこのページの大学HPからご確認ください。

この情報は大学の許可をとっています。

関連記事