大政奉還から150周年〜歴史の真実を探る〜

早稲田大学エクステンションセンター
八丁堀校
大庭邦彦(聖徳大学教授)

-日本文化, 講義詳細
-, , ,

講義詳細

講義詳細
講座名
大政奉還から150周年〜歴史の真実を探る〜
大学
早稲田大学エクステンションセンター
キャンパス
八丁堀校
概要
立憲主義をキーワードに日本の近代国家形成のありようを探ることを課題とします。具体的には、慶應3(1867)年10月の大政奉還を機として、戊辰戦争を経過するなかで成立する維新政府の国制形成のありようを立憲制国家建設といった視点から、検証したいと考えています。今期は、五カ条誓文渙発、政体書発布といった国家機構整備の具体相、中核に据える天皇の存在形態の改革など、具体的に取り上げる予定です。
会員価格
11,664円
一般価格
13,413円
講座期間
2017/07/13~2017/08/03
開講時間
15:00~16:30
曜日
講座回数
4回
定員
30人
講師名
大庭邦彦(聖徳大学教授)
講師概要
大庭邦彦
聖徳大学教授
早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程修了。現在、聖徳大学文学部教授。幕末・維新期から明治期前半の政治史を中心に研究している。著書に『父より慶喜殿へ水戸斉昭一橋慶喜宛書簡集』(集英社)、『徳川慶喜と幕末・明治』(日本放送出版協会)ほかがある。

住所
東京都中央区八丁堀3-17-9 京華スクエア3F
アクセス
JR京葉線・東京メトロ日比谷線「八丁堀駅」A3出口徒歩1分
申込

日時の変更もありますので、開講情報は必ずこのページの大学HPからご確認ください。

この情報は大学の許可をとっています。

関連記事