フィリピン語

上智大学公開学習センター
四谷キャンパス
田中和彦

-英語・語学, 講義詳細
-, , ,

講義詳細

講義詳細
講座名
フィリピン語
大学
上智大学公開学習センター
キャンパス
四谷キャンパス
概要
【学習内容】
このコースは、全く初めてフィリピン語を学ぶ方の為のコースです。授業では、フィリピン語の文法の基礎と基礎語彙を学び、実際にフィリピンの街の中で使われる会話を想定して製作されたビデオ『Usapang Pinoy -街なかフィリピン会話-』(上智大学フィリピン語視聴覚教材作成プロジェクト)をもとに日常会話を学びます。文法の基礎を習得するためには、まず話者の最も言いたいことを示す標識辞ANGの使い方を学びます。そして、順次SA、NG、という他の二つの標識辞の使い方を学びます。そして、これらの標識辞の学習と平行して、人称代名詞のANG形、SA形、NG形について学習します。また、ANG形の学習の後に、形容詞の使い方を学習し、叙述文の作り方を学びます。これらの学習を終えた後、フィリピン語の所有表現であるMAY、MAYROON について学習します。その後、フィリピン語の動詞の特徴を学習した上で、2種類の行為者焦点動詞、-UM-動詞とMAG-動詞について学習します。 会話の練習は、毎回文法事項を学んだ後に、学習内容を含んだ文がある会話を選んで学習します。これによって、学習した文が、実際にどのような場面で使われるのかの理解が可能となり、実際の運用が可能となってきます。また、語彙を増やし、確実に覚えてゆくために、第2回より毎回単語及び短文のテストを行います。
【学習方法】
授業の最初に第2回から小テストを行います。そのあと、前回の学習事項の復習を短時間で行います。それから、新しい文法事項の説明を致します。そして、その事項に関する例文を読み、例文に従ったパターン練習をします。そののち、ビデオを使用し、そうした文が、実際の日常会話でどのように使用されているかを学び、その会話をもとにロールプレイ、状況設定の変更による発展的会話の学習をします。
【学習形態】
グループ学習。講師と受講生、受講生と受講生の例文をもとにした作文と質問と応答を主とし、受講生一人一人に毎回多くの発話機会を設けます。
【受講者に期待する達成レベル】
簡単な日常会話が出来るようになることを目指します。
会員価格
35,100円
一般価格
講座期間
2018/04/16~2018/07/23
開講時間
18:45~20:15
曜日
講座回数
13回
定員
25人
講師名
田中和彦
講師概要
上智大学公開学習センター語学講師
住所
東京都千代田区紀尾井町7-1
アクセス
JR中央線・東京メトロ丸ノ内線・南北線「四ッ谷」駅麹町口・赤坂口から徒歩5分
申込

日時の変更もありますので、開講情報は必ずこのページの大学HPからご確認ください。

この情報は大学の許可をとっています。

関連記事