個人・ヒーロー・U.S.A./ハリウッド映画がヒーローにこだわるディープな理由?(大学院体験一日講座)

清泉女子大学 清泉ラファエラ・アカデミア
五反田キャンパス
斉藤悦子

-教養その他, 講義詳細
-, , ,

講義詳細

講義詳細
講座名
個人・ヒーロー・U.S.A./ハリウッド映画がヒーローにこだわるディープな理由?(大学院体験一日講座)
大学
清泉女子大学 清泉ラファエラ・アカデミア
キャンパス
五反田キャンパス
概要
18世紀後半に独立国家となり、19世紀に国造りを固めていったアメリカは、大きな歴史の流れで見れば、西洋が市民社会に最も期待する時期に国家形成された、希望の共和国でした。個人が個人の資質や努力によって評価されることは、アメリカ合衆国が、他のどの国家体制よりも優れた価値観として誇る最良の自己イメージでした。そしてこのイメージは対外的にも美化されて強調されてきました。アメリカ思想の中には、この個人にこだわる感覚がとても興味深い表れ方をします。それはハリウッド映画がヒーローにこだわることにも通底する感覚です。ロッキーの根性も、「ダイ・ハード」の主人公がランニングなのも、この講座を聞けば納得できるかも。。
会員価格
1,500円
一般価格
講座期間
2017/07/29~2017/07/29
開講時間
13:30~15:00
曜日
講座回数
1回
定員
20人
講師名
斉藤悦子
講師概要
清泉女子大学教授。清泉女子大学大学院言語文化専攻教授/日本女子大学大学院博士課程後期(文学研究科 英文学専攻)中途退学/専門分野:アメリカ文学/・“The Narrative and the Icon: Paul Auster and the Representation of the Statue of Liberty”(新英米文学会New Perspective 190号pp.16-30)2010年2月・「喪失の幻影:喪失の幻影:TheAmerican Innocence(3)―階級意識と失われた西部―」(清泉女子大学紀要号60号pp.45-69)2012年12月・亀井俊介編『アメリカン・ベストセラー38』(分担執筆)丸善 19
住所
東京都品川区東五反田3−16−21
アクセス
JR山手線・都営地下鉄浅草線・東急池上線「五反田」駅から徒歩約10分。「大崎」駅、「高輪台」駅からも徒歩約10分。
申込

日時の変更もありますので、開講情報は必ずこのページの大学HPからご確認ください。

この情報は大学の許可をとっています。

関連記事