日本の安全保障問題を考える

早稲田大学エクステンションセンター
八丁堀校
西村金一(軍事戦略評論家)

-教養その他, 講義詳細
-, , ,

講義詳細

講義詳細
講座名
日本の安全保障問題を考える
大学
早稲田大学エクステンションセンター
キャンパス
八丁堀校
概要
日本の安全保障を考えるにあたっては、日本に大きな脅威を与える国家の軍事能力(侵攻能力)や意図を理解することから始めなければならない。だが、現状では、これらのことが十分に理解されないままに、日本の安全保障はどうすべきかが語られることが多いようだ。そこで、今は、中国、北朝鮮、テロの脅威について、具体的にはどのような脅威なのか、これらの国の軍事能力で何ができるのか、今後どのように拡大していくのか、日本への脅威はどのように変化するのかについて、主に図や表で、時には兵器のプラモデルを使用してわかりやすく解説する。最後に、各種脅威を踏まえ、安全保障構想を確立するための思考過程の一案を、簡単に解説する。
会員価格
17,496円
一般価格
20,120円
講座期間
2017/07/27~2017/09/07
開講時間
10:30~12:00
曜日
講座回数
6回
定員
50人
講師名
西村金一(軍事戦略評論家)
講師概要
西村金一
軍事戦略評論家
防衛省・自衛隊の情報分析官や軍事戦略教官として長期間勤務、三菱総合研究所研究員を経て、現在、軍事戦略評論家(軍事・情報戦略研究所設立)として活躍。著書に、『詳解北朝鮮の実態』(原書房)、『自衛隊は尖閣紛争をどう戦うか』(祥伝社)などがある。

住所
東京都中央区八丁堀3-17-9 京華スクエア3F
アクセス
JR京葉線・東京メトロ日比谷線「八丁堀駅」A3出口徒歩1分
申込

日時の変更もありますので、開講情報は必ずこのページの大学HPからご確認ください。

この情報は大学の許可をとっています。

関連記事