虐待で子供の脳にダメージ 3才は海馬、10才は脳梁に

【Interview】加藤尚子明治大学准教授『虐待から子どもを守る!~教師・保育者が必ず知っておきたいこと』

埼玉県狭山市で3歳の女児が顔に熱湯を浴びせられて放置され、死亡した事件は大きな反響を呼んだ。今年5月に開かれた初公判では、首を鎖につなぐなどの虐待行為の実態が明らかになり、躾の域を超えるとして、実の母親に懲役13年が言い渡された(内縁の夫は懲役12年6か月確定)。こうした虐待が、子どもたちに与える影響について、児童虐待を専門に研究・調査している明治大学の加藤尚子先生に聞いた。

  • 公開 :

児童虐待の問題に取り組んでいる加藤尚子明治大学准教授

埼玉県狭山市で3歳の女児が顔に熱湯を浴びせられて放置され、死亡した事件は大きな反響を呼んだ。今年5月に開かれた初公判では、首を鎖につなぐなどの虐待行為の実態が明らかになり、躾の域を超えるとして、実の母親に懲役13年が言い渡された(内縁の夫は懲役12年6か月確定)。こうした虐待が、子どもたちに与える影響について、児童虐待を専門に研究・調査している明治大学の加藤尚子先生に聞いた。

 記憶をつかさどる海馬の発達に大きな影響が

「赤ちゃんの頃の虐待は記憶が残らないから大丈夫、と、もし考えていたとしたら、大きな間違いです」と明治大学准教授の加藤先生は語る。加藤先生は子育てに関わる心理学を専門とし、児童養護施設などで虐待を受けた子どものケアや地域の子育て支援にも関わってきた。

「虐待を受けて傷めつけられるのは、体だけではないんですね。脳までも、成長に応じて育たなければいけない部分が育たなくなります。3才くらいまでは、脳が爆発的に成長する大切な時期。その時期の虐待は、子どもの将来にとても大きな影響を与えてしまうのです」(加藤先生。以下「」内同)

加藤先生によれば、虐待を受けることで脳から出るストレスホルモンが脳の発育を遅らせるという。まず影響を受けるのが、脳の中で記憶をつかさどる領域である “海馬(かいば)” だ。

「3才、4才頃に虐待を受けると、“海馬” の発達が遅れるということがわかっています。虐待を受けていない子にくらべて海馬が小さい傾向があるんですね。また、海馬 のそばに “扁桃体(へんとうたい)” という情動をつかさどる場所があるのですが、虐待を受けると、扁桃体が興奮しやすくなり、感情のコントロールが難しくなってきます」

扁桃体は、一般的には不安やストレスを感じる部位として知られている。そこが過剰に反応することで、我慢がきかなくなったり、ささいなことでキレやすくなったりするのだという。

虐待が脳に影響を与えるのは幼児期だけではない。9才、10才頃の虐待は、情報を統合する “脳梁(のうりょう)” へ影響を与え、将来の境界性人格障害につながるケースもあると指摘されているという。

愛情を受けると、背が伸び体重も増える

こうした虐待の与える影響をぜひ多くの人に理解してもらいたいと、加藤先生はこの7月、『虐待から子どもを守る!~教師・保育者が必ず知っておきたいこと』(小学館)を刊行した。

児童虐待の報道では、そんなに体重が少なかったの?と驚くことも多い。食物が与えられていなかったというケースではもちろんだが、愛情不足でも身体の成長が滞るという。

「小さい頃にネグレクト(食べ物を与えない、面倒を見ないなどの育児放棄)を受けていた子どもたちは、身長や体重などが増えずに止まってしまうこともあります。親に優しく抱きしめられるといったスキンシップや、目と目で見つめ合うといった愛情あふれるコミュニケーションを十分に受けてこないと、成長ホルモンの分泌が抑制されるんです。

そのような子どもたちが保護されて、大人から愛情をかけられるようになると、身長や体重が一気に伸びるといったことも、現場ではよく経験することです。それほど愛情というのは子どもにとって大切なものなのです」

年間70~120名の子どもが命を奪われていく

昨年度(平成27年度)、全国208か所の児童相談所が対応した児童虐待件数は10万3260件で、前年より1万4329件増加した。これは18才以下の子どもの人口比で見れば、200人に1人の割合となる。もはや虐待は、どの小中学校にとっても珍しいことではなくなっている。この背景には、虐待そのものが増えているというより、児童虐待の通報がしやすくなったことがあるという。

周囲からの通報もしやすくなったにもかかわらず、今なお、虐待で死んでいく子どもたちは減らない。毎年、40~60名前後が虐待によって命を落とし、心中を含めると70~120名の子どもたちが命を奪われていく。

誰もが未完成のまま“親”になり、子育てをしながら本当の“親”へと成長していく。加藤先生は、親を責めることは無意味であり、現代の親が置かれた環境が子育てしにくいものになっていると語る。

虐待をする側の親も苦しんでいる。虐待を行なう親を救うことが子どもを救うことになり、そして、子どもを救うことが、親をも救うことになるのだ。

虐待から子どもを守る
『虐待から子どもを守る!─教師・保育者が必ず知っておきたいこと』
加藤尚子著・小学館刊

 

〔あわせて読みたい〕
尾木ママの「先生を信頼できない」悩みへの回答
ゲームは遊び方次第、子供の社会性を伸ばすには
発達障害、家庭で気づく3つのポイント
子供のやる気を引き出す言葉と親の態度

取材・文/まなナビ編集室 写真/横田紋子(小学館)

-教育・子ども, 教養その他, 講座レポート
-, , , , , , ,

関連記事